健康志向をもって選ぶなら!どんなフルーツが体にいいの?

フルーツは健康や美容にいいとされる食べ物で、健康志向が強い人には関心が高いでしょう。

しかし本当にこのフルーツは体に良い効果を秘めているのか心配な人もいますよね?そんな人にフルーツの力をご紹介します。

フルーツにはビタミンや食物繊維やポリフェノールなどの豊富な栄養分が入っています。

おかげで健康を維持するのに必要な栄養分がたっぷりなのです。

おまけに野菜などと比べても苦みが少なく、食べやすいと人気です。

子供から老人にまで幅広く人気があるの食べ物がフルーツです。

これを食べることで間違いなく健康にいい生活ができるでしょう。

実はフルーツには活性酸素の被害を抑える役目があり、紫外線による体の衰えを防ぐことができるのです。

食べるフルーツによっても栄養分は違い、対策してくれる病気にも違いがあります。

どのフルーツがどんな病気の対策になるのか、特に健康効果が高いフルーツをピックアップしてご紹介しましょう。

1つ目は「オレンジ」です。

フレッシュで酸味と甘みがきいたオレンジはビタミンCが豊富に入っていることで、インフルエンザや風邪の予防をしてくれます。

呼吸器系の病気には効果があるので、健康志向が強い人にはオススメです。

コレステロールを低下させるへスペリジンも入っていて、普段コレステロールが高い人にもオススメですね。

抗酸化機能の高いベータクリプトキサンチンは少量でもがん予防になるので、是非積極的に食べてほしいフルーツです。

2つ目はリンゴです。

甘~いリンゴは便秘改善効果のあるペクチンが入っていて、便秘解消に良いですね。

便秘のせいで体に悪い物質が溜まり続けると病気になる人もいます。

この便秘を改善する効果があるので健康にいいのです。

またリンゴポリフェノールは抗酸化力があって、生活習慣病予防にもなります。

つまり健康にとてもいいフルーツなのです。

その他にも眼精徒労の回復効果や痴呆を予防する「ぶどう」や動脈硬化を予防してくれる「いちご」やがん予防や尿路感染症予防の効果がある「クランベリー」はオススメです。

健康志向をもって食べるフルーツを選ぶならこのようなものを選びましょう。